Passive Aggressive
Venting System

パッシブアグレッシブベンティングシステムは、目立たないエクステリアベントデザインとインテリアチャンネル(ライナーとパッドも含む)が統合され、最適な空気の流れと温度調整を可能にしました。
オートベントテクノロジーはライディング、ハイク、または止まっている状態での温度と空気の流れをマネージメントします。このテクノロジーはニューモデルJacksonヘルメットの優れたパフォーマンスと、未来的なルックスを確実なものにしています。

[Venting in Motion]
冷たい空気がブリムのベントから入り、ヘルメットの内部チャンネルを通り抜け、後部のベントから暖かい空気を排気します。
[Static Venting]
暖かい空気が上昇しヘルメットの上部から抜けることで冷たい空気を取り入れやすくします。